【2019年】WDWを最大限に楽しむ!5つの最新オススメ情報を紹介

WDWを最大限に楽しむための5つのオススメディズニー

2019年GWにフロリダ、オーランドにあるウォールトディズニーワールド(WDW)にいってきました。

WDWの敷地面積は110㎢、なんと山手線がすっぽり入ってしまうほどの広さです!

エリア内には、4つのテーマパークに2つのウォーターパーク。バカでかいショッピングセンターも有しており、事前の準備は超必須。

この記事では、WDWは今回で3度目のくらげ(@owasa7)がみなさんにも全力で楽しんでいただけるよう5つの最新オススメ情報をご紹介していきます!

ご参考いただけるとありがたいです♪

スポンサーリンク

時期が大切、フリーダイニングプラン★

【2019年】WDWを最大限に楽しむ!5つの最新オススメ情報を紹介 Be Our Guestでの朝食
Be Our Guestでの朝食

旅に欠かせものの一つは、なんといっても現地での食事ですよね。

海外ディズニーでの食事なんて楽しみで仕方がありません😍

それをもし無料でいただけるとしたら・・・最高じゃありませんか!?

それを叶えてくれるのが、毎年限られたシーズンのみ行われるフリーダイニングプラン

パーク直営ホテルでの滞在と、パークホッパー等のチケットを購入したゲストだけが受けられるスペシャルプロモーションです。

ダイニングプランってなに?

WDWにはダイニングプランという、先払いでポイントを購入し、そのポイントを使って食事をいただくというシステムがあります。

プランは3つあって、それぞれもらえるポイントと使える場所が異なります。

  • クイックサービスダイニングプラン (QS)
  • ダイニングプラン (D)
  • デラックスダイニングプラン (DD)

2019年8月現在での値段とサービス内容は、下記の通り。

種類価格/日サービス内容/日
QS大人 $52.5
子供 $23.78
クイックサービス 2pt + スナック 2pt
D大人 $75.49
子供 $27.98
テーブルサービス 1pt + クイックサービス 1pt + スナック 2pt
DD大人 $116.25
子供 $43.49
テーブルサービス 3pt + スナック 2pt

※上記に加えて、ひとり一つのリフィルマグ(ホテル内で飲み放題用のマグ)が付きます。

クイックサービスとは、レジでお会計をして自分で料理をテーブルに運ぶスタイルのレストランです。

ディズニーでよく見かけるタイプのレストランですね。

スナックポイントとは、ジュースやお菓子・アイスクリームなどに使えるポイントです。

パーク内のスタバなどにも使用できるので、ぜひ一番でっかいヴェンティを試してみてください!

ポイントは滞在日x人数分をチェックインの日に付与され、それをチェックアウトの日まで使用することができます。

つまり初日にすべて使ってしまう、ということも可能です。

また余ったクイックサービスポイント(1pt)をスナックポイント(3pt)に変えることもできます。

変えれないショップもあるので、要注意。キャストに確認が必要です。

Can I convert Quick Service points to Snack points? で通じました。

通常のダイニングプランは、そこまで安くもなくポイントを使い切ることに集中しすぎて、食事を純粋に楽しめない気がするので・・。

個人的な意見としては、有料ではこのプランは使用はしないと思います。

無料でご飯を食べられる!それがフリーダイニングプラン。

【2019年】WDWを最大限に楽しむ!5つの最新オススメ情報を紹介 Be Our Guestでの朝食
もちろんこれもタダ!

通常は毎日大人一人、約$50~$100以上かかるこのプランですが、それが無料でついてくるのが、フリーダイニングプランです。

まさしくご飯が無料で食べられます!

パークでの食事は軽食でも平気で$15を超える場合があるので、タダで食べられるのはメリットしかありません。

(スナックptはお土産用のお菓子にも変えれるので、会社のお土産は全部このポイントを使いました(笑))

開催時期や利用条件は毎年変わるので、公式などの発表を確認しましょう。

以下のサイトからいますぐ予約!

2020年のダイニングプランは、以下のミッキーネットさんからご予約下さい!

ミッキーネット(今回くらげ家が使用した代理店さんです。)

以下の記事に詳しい条件や予約方法載せてありますので、ご参考ください。

フリーダイニングプラン使用した代理店は?

ミッキー!

今回くらげ家が利用した旅行代理店は、ミッキーネットさんです。

ディズニー公認の旅行会社で、香港やアウラニ・ディスニークルーズなど世界中のディズニーについて手配をされています。

とても有名で人気の旅行代理店みたいなので、ご存じの方も多いかもしれません。くらげは今回の旅行で初めて利用させていただきました。

使用理由は、どこよりも安かったこと

Booking.comや公式サイトより大体1~2万円くらいは安かった印象です。

サポートも手厚く、マイページから気軽に問い合わせできるので、何か困ったことがあっても相談に乗ってくれます😆

ちょうどその時、フリーダイニングプラン開催のお知らせをみたので、申し込みをさせていただきました!ラッキー♪♪

おすすめの旅行代理店さんなので、旅行の際はぜひご検討してみてください。

My Disney Experienceアプリはダウンロード必須!

WDWのアプリ

WDWを快適に過ごすためには、専用のアプリ(My Disney Experience)をインストールすることを強くオススメします。

これがないと、いまからご紹介することのほとんどが、スムーズにいかない可能性があります😢

公式アプリは、ざっとみただけでも下記のことが可能です。

  • アトラクションの待ち時間の確認
  • チケット・ホテル情報の確認
  • レストランの予約情報の確認
  • 写真のダウンロード
  • ファストパスの取得など管理
  • 食事のオーダー
  • お土産の購入

など!たぶんもっといろんな事もできます(笑)ぜひ活用してみてください。

ただこのアプリ、一つ重大な問題があります。

それは日本のPlayストアやApp Storeからのインストールが制限されていること・・。

ちょっと特殊なインストール方法が必要なので、下記の記事をご参考のうえインストールしてみてください!

超簡単に説明しています。

最強!ファストパス・プラス!!

WDWでのスケジュール

2019年7月より、日本のパークでもファストパスがアプリで取得することができるようになりました。超便利!

WDWでもファストパスはアプリやHPを通して取得します。

ちょっとシステムが異なるので、簡単に説明していきましょう。

ファストパスはいつから取れる?

日本のファストパスとは違い、WDWでは事前にアトラクションとその時間帯を予約することができます

どれくらい事前かというと、直営ホテル滞在のゲストならなんと60日前

それ以外のゲストでも30日前には取ることができます。

みなさん気合をいれてください、旅行の前から戦いは始まっています・・。

そんな前からとれてもどこに何があるかわからないし、スケジュールもわからないから取れても無駄じゃない?

そんな考えでは、甘いです!

人気のアトラクションは、60日を過ぎるとほとんどは埋まってしまい、希望の日程どころか滞在中一個も取れないなんてこともあります・・・。

長くいれるわけでも、頻繁に行けるわけでもないWDW、事前の情報収集と真剣なスケジューリングは非常に大切です。

ファストパスが解放されるのは、チェックインの日から60日もしくは30日前の現地時間朝の7時からです。

その日から、滞在日程のすべてのファストパスが取得可能となります。

なので毎日チェックする必要はなく、チェックインから60日もしくは30日前だけで大丈夫です。

サマータイムなどもあるので、事前に日本時間の何時になるのか確認しておくといいでしょう。

おすすめのアトラクションは以下の記事にご紹介しておりますので、よかったらご参考ください。

いっぺんに何個取得できるの?

事前に取れるファストパスは3個/日まで、かつ同じパークのものに限られます

4つ目以降は、当日3つ目を消化したあとに取得できるようになります。

その際のパークの変更も可能です。

一点気を付けていたのは、3つともできるだけはやめの時間帯に設定するということです。

たとえば、1・2個目のアトラクションが午前中で、3つ目を夜の時間帯に取得した場合、

2個目と3個目がいくら時間が空いていようが、ファストパスを取ることができません。

できればすべてのファストパスをはやめに使い切った後、すぐ次を取得するのがいいでしょう。

WDWのリフィルカップとマジックバンド
リフィルカップとマジックバンド

ファストパスは、アトラクションの入り口にあるリーダーにマジックバンド*をかざすと認証されます。

消費はその認証の瞬間に行われるので、すぐに4つ目以降を取得したい場合は、ファストパスのQラインを進んでいる間に、アプリで取ってしまいましょう。

*マジックバンドとは、パークのチケットや直営ホテルのドアキー・クレジットカード決済にも使えるバンドです。

スケジュールの変更・キャンセルはできるの?

そうはいっても当日のスケジュールが突然変わることもあるし、取っていたアトラクションがガラガラで、

ファストパスいらなかった!なんてこともザラにあります。

そんな時はファストパスを変更してしまいましょう。アプリがあればどこでも簡単にできますよ♪

空いていれば、時間帯もアトラクション自体も変更が可能です。

スポンサーリンク

旅の思い出に、メモリーメーカーを使いこなせ!

日本のパークにも写真を撮ってくれるキャストさんがいますよね?

WDWには日本とは比べ物にならないくらい多くのカメラマンさんがいて、ゲストの写真を撮ってくれます。

メモリーメーカーは、撮ってもらった写真を無制限にダウンロードすることができるサービスです。

メモリーメーカー@エプコット
エプコットで撮ってもらった

2019年8月現在での値段は、3日前までの購入で、$169。それ以降の購入で、$199となります。

まあぶっちゃけ高いですね(笑)

ただ、写真1枚だけダウンロードする場合は約$15かかるので、12枚くらいとれば元は取れます。

しかもカメラマンだけではなく、アトラクションでの写真も貰えちゃうのは、良心的!

メモリーメーカー@ホーンテッドマンション
ホーンテッドマンション

アトラクションでは動画を撮ってくれたり、カメラマンによっては動くディズニーキャラクターなんかもつけてくれたりするので、

自分で撮るのとは一味違う写真を手に入れることができます❤❤

ちなみにくらげ家は、8泊10日の滞在で200枚ちかくの写真をダウンロードしました!

めったに行ける場所ではないので、旅の思い出としたら$169はそこまで高い金額ではなかったと思います。

もちろん、ショーパレ重視で自分の写真なんかいらない!って方は、必要ではないと思うのでこれは完全にお好みです。

基本的に写真は、撮ったあとすぐにアプリでダウンロードが可能ですが、

アトラクションの写真やキャラクター付きのものは、反映に非常に時間がかかる場合があります。

初日に撮ったはずのアトラクションの写真が、結局帰国してから現れた!なんてこともありました(笑)

ダウンロード自体は、約30日後には見れなくなってしまうので、それは注意が必要です。

WDWのWi-Fi事情、日本から持ってったほうが良い?

WDWのパーク内には、園内専用のWi-Fiが飛んでいます。もちろん、ホテルにも無料のものが完備されています。

ディズニー以外全く行く予定がない!という方は、Wi-Fiルーターなどを日本から借りていく必要はないと思います。

ただ、電波は正直そこまで強くないので国内にいる感覚で使うとだいぶ遅い印象です。

また、パーク外たとえばバス停等にはWi-Fiはほとんど飛んでいないので、Uberなどで移動を考えている方は、十分注意が必要です。

実際アメリカSIMを事前に買ってSIMフリーiPhoneにぶっさして使いましたが、園内以上に低速で全く使い物にはならなかったです・・・。

でもディズニーにしかいなかったので、Wi-Fiがなくて困った・・という経験はありませんでした!

(Pokemon GOくらいなら快適にできましたよ(笑))

スポンサーリンク

まとめ

  • フリーダイニングプランの開催時期を確認
  • 絶対必要!?WDWアプリのインストール
  • ファストパスは事前に取得可能、人気のアトラクションは早めになくなるので要注意
  • メモリーメーカーを買ってキャストの人に素敵な写真を撮ってもらおう!
  • パーク内では最低限のWi-Fiがある!ディズニー以外いかないなら必要ないかも

今回の記事では、WDWを楽しむための基礎情報を紹介してきました。

基礎だけど非常に大事な5つなので、参考になるとうれしいです❤楽しんできてください!

\ランキング参加しております、応援いただけると嬉しいです♪ /

タイトルとURLをコピーしました