COUNTIF関数の使い方を紹介(初級~応用編まで)

COUNTIF関数の使い方WEB関連

Excel関数のなかでも、COUNTIF関数は非常によく使われるとても人気のある関数のひとつです!

社会人1年目の時、飲み会の出席人数をCOUNTIF関数を使って計算したのがExcel関数との付き合いの始まりかもしれません(笑)

この記事では、COUNTIFのそもそもの使い方とちょっとした応用を紹介いたします。

その他のお役立ちExcel関数について、上記の記事にまとめておりますのでよかったらご参考ください♪

この記事で紹介する関数:

  • COUNTIF: 定められた範囲の中で、指定された条件に一致するセルの個数を返す。
  • IF: 条件により処理を分岐させ、真なら真の値を、偽なら偽の値を返す。

COUNTIF関数の使い方

まずは、COUNTIF関数の使い方を説明していきます。

下記のくだものの表には、ライチパイナップルの重複がみられます。

ライチとパイナップルがそれぞれ何個づつあるのか、COUNTIFを使って数えてみましょう。

COUNTIF関数の使い方
ライチとパイナップルは何個ある?
+COUNTIF(範囲,検索条件)
数式+COUNTIF(C4:C8, E5)
意味カウントしたい範囲を指定し、個数を知りたい条件を入力

範囲で商品名の列を選択し、検索条件でそれぞれライチ・パイナップルが記載されたセルを指定します。

すると条件にあった個数が返されます。ライチは3個。パイナップルは4個ありました。

簡単!

COUNTIF関数の応用編!

それでは、COUNTIFの応用した使い方を紹介していきます!

重複数をカウントする方法

さきほどの表では、条件を指定することで重複の個数がわかりました

しかし、重複があるかどうかわからない表の場合は、そもそも検索条件でセルを指定することができません・・。

その場合は、COUNTIF関数を使って重複数をカウントしてもらいましょう!

COUNTIF関数の使い方、重複のカウント
絶対参照を使います
数式 +COUNTIF($C$4:C4, C4)
意味C4の範囲の中にC4が何回出てきたかをカウント

商品名の列から重複しているセルを見つけたいので、

今までのセルで同じ値が何回出てきたのかを、COUNTIFを使ってカウントしてもらいます。

一行目に上記の数式を入力して、下にドラッグして数式をコピーします。

COUNTIF関数の使い方、重複のカウント
C4以外はセルの位置がずれる

範囲の先頭で絶対参照したC4はそのまま固定され、それ以外のセルは参照がずれました

これによって、C4~参照しているセルまでの範囲から、参照セルは何個あったか、を返します。

最後まで続けると・・・。

COUNTIF関数の使い方、重複のカウント
ちゃんとカウントできました!

ライチが3個、パイナップルは4個、それ以外は1個づつあることがわかりました。

COUNTIFで重複をみつける!

重複の個数を数えることはできたので、それを使ってどの項目が重複しているのかを特定してみましょう。

IF関数を使用します!

COUNTIF関数の使い方、重複をみつける

+IF(COUNTIF(範囲,検索条件)>1,真の場合,偽の場合)
数式+IF(COUNTIF($C$4:C4, C4)>1, “重複”, “”)
意味COUNTIFの結果が1より大きい場合重複と表示、1以下の場合は空白を返す

さきほどの[重複数をカウントする方法]の計算式では、2以上の結果が出たセルは重複を表していました。

そこでIF関数を組み合わせて、2以上の場合はセルに”重複“、それ以外は空白で返しなさいという関数を作りました。

これで、どの項目が重複しているのかが一目でわかります。

重複を除いて、カウントする方法。

重複を省いた合計の値を調べるときも、同様の方法を使います。

COUNTIF関数の使い方、重複をのぞいてカウント
数式 =+IF(COUNTIF($C$4:C4,C4)>1,“”, COUNTIF($C$4:C4,C4))
意味 COUNTIFの結果が1より大きい場合空白を返す、1以下の場合はCOUNTIFの結果を表示

これで重複していないセルだけが1を返してくれました。

合計すると、10個のくだものの種類が全体であることがわかります。

絶対参照を使ったCOUNTIF関数は、列のデータが多いとExcelの動きを非常に重くします!1000行を超えるようなデータがある場合は、VBA重複の削除などを使って対応しましょう。

\ランキング参加しております、応援いただけると嬉しいです♪ /

タイトルとURLをコピーしました