Excelお役立ち関数まとめ【現役プログラミングOLが教えます!】

現役OLが教える!Excelお役立ち関数まとめ Excel

ここでは、現役OLのくらげが日々の業務効率化に役立っているExcelの関数や小技を、どんどん紹介していきます。

簡単な関数しかしかわからない・・。

Excelが使いづらいけど、どうやって解決すればいいかわからない。。

そんなあなたにピッタリなExcelお役立ち情報をお届けします。

Excel解説の前に・・・

行と列

Excel解説の中で、「行」と「列」という言葉がよくでてきます。

どっちがタテでどっちがヨコかは、覚えておくと便利でしょう。

行・列の方向

一般的な覚え方は、ずばり見た目で覚える!

ColumnとRowの方向

英語だと、「Column」と「Row」。

関数の始め方

一般的な関数は、「=」ではじめますが、「+」を先頭にすることもできます。

“=SUM” でも “+SUM” でも同じです。わたしの解説では主に「+」を使用しますが、

みなさんはお好きなほうを使ってみてください。

「+」のメリットは、指の移動が短いということくらいだと思います😜😜

※注意!

「+」で始めた場合、セルの関数は「=+」として表記されます。

これからの解説のなかでも頻発しますが、「=」もしくは「+」と思ってください。どちらも入力する必要はありません。

簡単!でも重要な関数たち

TRIM関数、SUBSTITUTE関数、文字置換を使っていらない余白・スペースを取り除こう!

様々な方法で、余計なスペースを取り除く方法をご紹介します。

COUNTIF関数の使い方!重複チェックもできちゃう!?

COUNTIF関数の初級の使い方から、重複チェックなどの上級活用法をご紹介します。

Advanced関数講座

INDEX関数とMATCH関数を組み合わせて、VLOOKUPの一歩先へ

VLOOKUPでお困りの方や、違う関数を使ってみたいという方にオススメ!

LEFT関数とFIND関数で、余計な文字を取り除こう!

セルの値で要らない文字を取り除きたいときありますよね。

そんなときにご活用ください。

困った瞬間を解決する!Excelの小技

スクロールバーが短くなっちゃった!最後のセルを探そう

Excel作業をしていて、スクロールバーが突然短くなってしまうことありませんか?

スクロールバーが小さくなったときの対処方法
データ量は少ないはずなのに・・・

原因は、不要なコピペやデータ入力が考えられます。

そんな時は”最後のセル ”を使って原因となるセルを見つけ、スクロールバーを適切な長さに戻しましょう。

スクロールバーが小さくなったときの対処方法

まずは、メニューバー「ホーム」→右端の「検索と選択」をクリック。

条件を選択してジャンプ」を選択。

スクロールバーが小さくなったときの対処方法

選択オプション」が開かれるので、「最後のセル」を選択して、「OK」を押してください。

スクロールバーが小さくなったときの対処方法

すると、入力された最後のセルが確認できました。こいつのせいでスクロールが異様に長くなってしまっていたようです。

消しておきましょう!

データが確認できない場合は、一帯の行を消せば直ることもあります。
データを消して1行目に戻っても、スクロールバーは元に戻ってないので、
エクセル自体を保存してください。
スクロールバーが小さくなったときの対処方法
戻った!

タイトルとURLをコピーしました