TDSソアリン乗ってきました!160分待ち体験レポを写真で解説

ディズニーシーソアリン感想 ディズニー

2019年7月23日にディズニーシーに待望の新アトラクションが登場しました!

アナハイム、オーランド、上海に続き世界で4番目の最新ソアリン。

4つすべてを制覇した管理人くらげ(@owasa7)のTDS版ソアリン初搭乗の感想をお送ります❤

ソアリンとは?

ソアリンSoarin’ / Soaring)は、ディズニーパークにあるフライトシミュレーター型アトラクション。世界6大陸の様々な場所をハンググライダーで飛行する体験ができる。

ソアリンーWikipedia

soarとは英語で高く舞い上がる、急上昇するという意味。

映画アラジンの代表的な歌、『A Whole New World』でも歌詞にsoaringとでてきます。

魔法の絨毯で空を飛ぶ。まさに、そんな感覚が味わえるフライト型シアターアトラクションです!

ソアリン楽しみ!でもフライト型のシアターアトラクションっていったいどんな乗り物なの?

空を飛べるアトラクションといわれても、どういう内容の乗り物なのか、

正直非常に想像がつきにくいとおもいます・・。

すごく簡単にいうと、

凹面型の大型のスクリーンを前に、ゲストの座る席ごと宙に上がり、

高画質の映像、それに合わせた動き、さらに匂いなどの演出によって、

空に飛んでいる感覚を味わえるという仕組みです。

足はブラブラの状態で空中に飛ぶので、機械のハングライダーに搭乗する感じです。

今までのディズニーのアトラクションにはない、まったく新しい乗り方になります。

一回のショーで定員は87名。さらにシアターは2つあります。

いっぺんに174名が楽しめるアトラクションですが、ゲストの入れ替えや荷物の出し入れ、

シートベルトの着用確認などで非常に時間がかかる印象です。

ソアリン場所

ちなみに場所は、メディテレーニアンハーバーを右手に進んだ先。

トランジットスチーマーライン乗り場の階段を進んだ目の前です。

トイストーリーマニアやタワーオブテラーはメディテレーニアンハーバーを左手にまっすぐ行った先なので、

そちらとは逆の方向になります。

実際に並んでみた!ディズニーシーのソアリン初体験!

23日にオープンしたTDSのソアリンは、初日に5時間越えの待ち時間になるなど、

ゲストの期待と世界中で人気のアトラクションであることがうかがえます😍😍

今回わたしは、オープン2日後の7月25日に160分待ちの中ならんできました!

160分待ちの始まりは、下記の辺り。

ソアリン160分待ちスタート地点

時刻は18時45分。さて、いったい何時頃出てこれるのか・・。

夜のソアリン
夜のソアリンきれい

19時20分、35分後ソアリンの入り口が見えました。

もちろんまだ中には入れません。蛇行した列が何重もあります・・。

夜のソアリン入り口
150分に減ってる

19時55分、1時間10分後やっとエントランスの目の前にきました!

夜のソアリンQライン
こないだ出来たとは思えないくらいシーに馴染んでいる。

待望の中(笑)もちろんこれからまだまだあります。左手の屋根の中でも何重にも列が続いています。

ソアリンQライン

屋根を抜けると壁に沿って通路があります。そこを抜けるとまた屋根があり、列が重なっています。

ソアリンQライン
花火や音楽はばっちし見えます(笑)

20時15分。ファンタズミックが始まりました。

残念ながら塀があるため何も見えません・・。ショーが見たい人は、この時間は避けたほうがいいです。

取り逃しましたが、ファンタズミックの最後ミッキーが魔法使いの帽子型バージに乗った時、彼の影がソアリンの壁に投影され動いているのが見えました!みんな拍手喝采😍
ソアリンQライン
まだまだ続くよ!

列は階段したまで続いています。 階段を下りるタイプのQラインってあんまりなかったから不思議な感じ。

ソアリンQライン

Qラインには暑さ対策のためか上のような通風口が、数多く設置されていました!

当日は日も暮れていたこともあって、そんなに蒸し暑くはなかったのですが、

結構な数の通風口があったので、髪はボサボサになりましたが、真夏でも安心かもしれませんね!

ソアリンQライン

20時40分、やっとしたに降りてきました。

ソアリンQライン

21時ちょうど、建物内にはいれました!

ここまでくるのに2時間15分かかりました。。

建物の中はいろいろな展示物が飾られています。

ソアリンQライン
列はつづくよ!

この建物は博物館になっており、飛行の研究者である「カメリア・ファルコ」の生誕100周年を記念した催しが行われている、という設定です。

ソアリンQライン

最初の部屋では、主にこの博物館についての展示がされております。

ソアリンQライン

21時15分、次の部屋にはいります。

ソアリンQライン
各国の空へのあこがれを表した絵画

2つ目の部屋では空を飛ぶことにまつわる展示がされており、

ひとつひとつのできばえに、みんな超感激 😍

写真の撮影会場みたいになっていました(笑)

ソアリンQライン

ファストパスの列が現れました。ここまで全く別の通路を通ってきているので、

次回はそちらのラインもみてみたいですね!

ソアリンQライン

21時25分、ここまで来ました!

ファストパスはここで合流です。人数確認をして、プレショーの部屋に通されます。

ソアリンQライン
ぴったり160分でここまで来ました!

ちなみに、目の前の鷹を手に持つ彼女が、カメリア・ファルコさんです。

ここから先のスマートフォンの使用や撮影は禁止になっているため、写真はありません。。

スポンサーリンク

並んだあとは・・?

ネタバレになるので、この先の内容については詳しく説明はしませんが、軽く紹介しておきます。

プレショー

人数確認のあと、プレショーのための部屋に案内されます。

そこではかのカメリアさんが登場し、空への熱い情熱についてなどを説明してくれます。

プロジェクションマッピングと映像を組み合わせた演出がすばらしかったので、

プレショーにも関わらず拍手がおきていました(笑)

ゲストの振り分けと搭乗の注意映像

プレショーが終わると、次の部屋へ移動します。

そこでゲストはABCの3つの部屋に振り分けられます。

ABCの違いは、メインショーの席の場所です。

その部屋の中で、今度は123番の列に振り分けられます。この番号は席の列の番号です。

(席については、次に図で説明します。)

この部屋では、ゲストが空を飛ぶために乗る「ドリームフライヤー」の搭乗の注意を聞きます。

いよいよメインショー!

搭乗の際の諸注意が終わるといよいよメインショーの部屋に通されます!

以下図で説明しますが、これはわたしの現時点での推測です。

正直こんなに広くはなかったと思うので、再度乗った際間違えがあれば訂正します。

ソアリンの内部解説

メインシアターの様子はこんな感じ。

わたしは、Cの部屋の1番列の最後尾にいて、案内された席は赤丸のところでした。

ただシアターは二つあるので、もう一つの方は構造が異なると思われます。

どの場所がいちばん見やすい??

これはどの国のソアリンにも共通するのですが、一番見やすくて、臨場感が味わえるのは一列目です。

ショーが始まると、ゲストは席ごと宙に浮かびます。その際一列目が一番上の位置になります。

もちろん二列目だからダメ、端っこだからつまんない・・。ということは絶対にありません。

比較的一列目が良いとされているだけなので、好みの問題かもしれません。

乗る際の注意

ゲストの席は宙に浮かぶため、持ち物は座席の下の収納スペースにしまいます。

そのスペースごと一緒にあがるので、大きい荷物や絶対に落としたくない!というものは、地上に置いていきましょう。

置く場所がわからないときは、キャストに聞いてみてください。

また足もブラブラのまま搭乗するので、靴を落とすのが怖い人は脱いで収納スペースにいれておくといいと思います。

多分ビーサンなどの人は、キャストからそのような指示をうけると思われます。

わたしも念のため靴を脱いで乗りましたが、足のブラブラ感と脱いだ解放感で、より空を飛んでる気持ちになれたかもしれません(笑)

アトラクションの感想!

10年前にはじめてアナハイムでソアリンを体験して、2018年に上海、2019年5月オーランド、

そして2019年7月TDSと、すべてのソアリンに乗ることができました。

ソアリン自体の感想としては、今までにない経験なので一見の価値は十分にあります!

あまりディズニーに行かないという人には、ちょっと待ち時間が長くてもぜひ体験してほしいアトラクションです!

他のソアリンとの違いとしては、やはりTDSならではの演出があり日本人としては非常に感動できる内容だと思います。

なので、わたしはTDSのソアリンがいちばん好きです❤❤

ただ、若干ほかの国と比べてシアターが小さいかな?と感じましたが、印象なので実際どうかはわかりません。

わたしはすこし高所恐怖症気味ですが、そこまで強い恐怖感はありません。

ただ、一番端っこの席だと隣がいないので、若干の不安感はありました💦

てすりはしっかり握っておきましょう(笑)

ちなみに、乗り終えて外に出たら21時45分でした・・。

並び始めて終わるまで3時間かかったので、帰りの時間には十分気を付けて並ばれることをおすすめします。

まとめ

ソアリン出口
  • 待ち時間はちょっと長めに見ておいたほうがいいかも?
  • 席の場所は一列目がおすすめ、でもほかの席でも十分楽しめる!
  • TDSならではの演出がとても素敵、日本人ならきっと感動するはず?(笑)

ソアリンの体験レポを紹介してきましたが、みなさんに良さが伝わっているとうれしいです!

アトラクション自体も素敵ですが、建物や展示品もディズニーシーの世界観と非常にマッチしていて、

高い没入感を味わえると思います!

みなさんも新しくオープンしたソアリン、楽しんできてください。

タイトルとURLをコピーしました